ブラウン管テレビの需要はあるの?
ホーム > ブラウン管テレビの需要はあるの?

ブラウン管テレビの需要はあるの?

2016年09月30日(金)6:00 AM

テレビに使われている画面には2修理あります。

 

1つは現在の主流である液晶タイプのディスプレイです。
メリットとしましては薄くて軽く、壁掛けタイプなどでは設置スペースも場所を取らずに済む事です。
デメリットはほぼ無いと言えます。

 


2つ目はブラウン管タイプのディスプレイです。
現在はほとんど見かけなくなりましたが、パソコン等で使われているケースはいまだに見られます。
メリットは液晶タイプに比べ、明るくディスプレイ寿命が非常に長い事です。
現在テレビは完全にデジタル放送に移行しており、デジタル信号に対応していないブラウン管タイプでは直接デジタル信号を受信する事はできなくなっています。

 

 

ブラウン管タイプのテレビでデジタル放送を見る為には、デジタル放送信号をアナログ信号に変換する専用の変換機器が必要になります。
この機器を取り付ければ問題なくブラウン管テレビを使ってデジタル放送を見る事が可能です。

 

 

液晶ディスプレイが浸透し、一般的に需要は無くなったと言えるブラウン管タイプのテレビですが、明るく見やすい為、ご年配の方などを中心にいまだに愛されており、いまだに多くのご家庭で使われているのも事実です。

 

 

 

 

 



«   |   »

対応エリア

対応エリア

「広島県地域密着!」
広島市、広島市中区広島市東区広島市南区広島市西区広島市安芸区広島市安佐北区広島市安佐南区広島市佐伯区呉市竹原市三原市尾道市福山市府中市三次市庄原市大竹市東広島市廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、神石高原町

LINEでもお問い合わせ受付中!
以下のQRコードを読み込んで友達追加が出来ます。

Line-QR

▶詳しい流れはこちら

過去の記事

Information

【所在地】
岡山県都窪郡早島町前潟712-4
【TEL】
0120-538-009

〒701-0303
広島県の不用品回収・粗大ゴミ回収・廃品処分・遺品整理 | 広島クリーンファースト